鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ

おしらせ

2019.02.20
4月開講の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.12.25
2019年1月開始の韓国語入門クラスは定員に達しましたので、募集を停止しました。
2018.11.20
Nさんの留学生レポートを掲載しました
2018.11.10
冬学期(2019年1月開始)の学生募集を始めました。
2018.08.23
・9月~)の時間割を発表しました。
2018.07.18
8月12日~8月18日まではお盆休みとなります。
2018.07.17
秋学期の入門コースの募集を始めました
2018.06.02
各クラスの授業進度一覧を表示しました。
2018.04.18
6月開始の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.02.13
中級1は4月でなく3月から第1課の学習が始まります。
2018.02.12
2018年4月1日開始の春学期の学生の募集を開始しました。
2018.02.12
2018年春学期(4月1日開始)の時間割を発表しました
2018.01.18
中国語入門コースの開設が急遽決定しました。
2018.01.18
新学期が始まりました(2018、1、14)
2017.12.27
新学期1月開始の韓国語入門コース(土曜の昼・夜の両方とも)の開講が決定しました。
2017.12.14
12月18日から2018年1月13日までは冬休みです。
2017.11.29
韓国語入門クラスをさらに1クラス設置して募集を開始しました。
2017.11.28
2018年新学期の時間割予定を発表しました。
2017.11.09
新年の新学期の韓国語・中国語の入門クラスの募集を開始しました
2017.07.15
新規クラス(韓国語入門・中国語入門・中国語上級)の申し込み締め切りを8月22日(火)に設定しました。
2017.07.02
DYMAG ダイマグ ホイール本体 【CA5】 カーボンファイバーホイール 【サイズ:6.00-17】 GSX-R750:ウェビック  - f4304ラスを新設しました
2017.06.13
韓国語・中国語講師紹介を更新しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開講)の募集を開始しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開始予定)の時間割案を掲載しました。
2017.05.31
6月1日より駐車場はなくなりましたので、車でお越しの際は近くのレンタル駐車場をご利用ください。
2017.04.03
春学期がはじまりました。(4月5日~8月20日)
2017.02.02
春学期(2017年4月4日開始)の時間割予定を発表しました
2017.01.28
春学期の韓国語・中国語入門クラスの募集を始めました。
2016.10.22
新年度の案内(募集を含む)をアップしました
2016.08.29
遼寧師範大学留学のブログを掲載中です。
2016.06.19
秋学期の受講生の募集を開始しました。
2016.06.19
秋学期の時間割を作成しました。
2016.03.25
新学期の開始を4月1日から4月3日に変更しました。
2016.03.03
春学期の受講生の募集を開始しました
2016.03.03
春学期時間割を発表しました
2015.12.24
ブログで紹介しています。
2015.12.03
冬学期の受講生の募集を開始しました。
2015.08.26
秋学期の受講生の募集を開始しました
2015.07.16
ハングル能力検定準2級合格の体験記を掲載しました
2015.07.13
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.06.27
受講生の声をアップしました。
2015.06.07
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.05.25
中国語コースを整備しました。
2015.05.25
夏学期(7月1日開始)の時間割を作成しました。
2015.04.14
中国語上級(李璐講師担当・中検準1級を目指すクラス)を新設しました
2015.04.05
中国語中級コースの教科書を決めました(中国語実習コース・白水社・張乃方著)。授業は日本人・中国人のティームティーチングで行います。
2015.04.05
韓国語入門(金・2校時)を新設しました。
2015.03.28
中国語中級クラスを日曜日の2校時に新設しました
2015.03.28
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.03.25
・1校時)を新設しました。
2015.03.24
日中通信社と相互リンクします。
2015.02.17
現時点での時間割を決定しました。
2015.02.05
日曜講座(ハングル能力検定3級対策講座・無料)を追加しました。
2015.02.03
ップしました
2015.01.15
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.01.12
中国語入門コースを新設しました
2014.12.21
家族・兄弟・学生割引を設定しました。
2014.12.14
話してみよう韓国語鹿児島大会が開催されました
2014.12.11
検定対策講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.12.11
入門講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.11.30
ブログを始めました
2014.11.23
(日)「話してみよう韓国語鹿児島大会」が鹿児島女子短期大学で開催されます。
2014.11.17
時間割作成を今後します。希望日時があればお知らせください。
2014.11.17
2015年4月から開校予定です
2014.11.17
新規にホームページを作成しました。

2019-09-07
カテゴリトップ>カスタムパーツ>足回り>ホイール関連>ホイール本体
DYMAG ダイマグ ホイール本体 【CA5】 カーボンファイバーホイール 【サイズ:6.00-17】 GSX-R750■商品番号
DCA0320821

■商品概要
リア用
サイズ:6.00-17
付属品:リアスプロケット

■適合車種
▼SUZUKI
GSX-R750 08-10

■詳細説明
【HISTORY】
稀少性からか、その先進性ばかりがクローズアップされがちなカーボンホイールですが、DYMAGにおいての歴史は古く、CA5 WHEELSがその基本形態を世に呈したのは、今を15年以上遡る1994年の事でした。
カーボンホイールの可能性を既に見抜いていたDYMAG社は、自社内でカーボンコンポジット製品の製作を可能とし、そのテストホイールを世界耐久選手権やマン島TTレース等、究極のタフネスさが求められるステージへと積極的に投入します。
過酷なステージでの開発は、数々の勝利と製品データの蓄積と言う結果をもたらし、1990年代後期に世界初となる市販カーボンホイールのリリースを実現するに至ります。
満を持して発売された、初代CA5 WHEELSは、世界中のエンスージアストに驚きと共に迎え入れられ、究極の軽量ホイールとして認知されました。
その後もCA5 WHEELSは、カーボン素材そのものの進化、製法の熟成など、時代と共に進化の歩みを止める事無く今日に至っています。
【PERFORMANCE】
わかり易い装着効果として「カーボンホイール=軽量=ハンドリング向上」との図式が定説となっている昨今ですが、
CA5 WHEELS装着による最大のメリットは、あらゆる反応スピードの向上と、抜群のライディングフィールにあると言っても過言では有りません。
回転質量の軽減が、ハンドリングに好影響を与える事は、疑問を挟む余地が無い事実では有り、当然の効果でもありますが、
ハンドリング以外にも、加速性能に直結する出力伝達効率の向上、ブレーキングレスポンスの向上、サスペンション性能に与える好影響も、軽量ホイール装着の上での見逃せないポイントだと言えます。
そして、カーボン素材の持つ軽量性と振動減衰特性がもたらす、抜群のロードインフォメーションも隠れた美点として挙げる事が出来ます。
【SAFETY】
カーボンファイバー=FRP系素材である、との先入観で語れば、カーボンホイールの強度:耐久性に疑問を持たれる向きが多くなるのも事実だと思います。
しかし、軽量性能は当たり前の基本要件、それを差し置いても耐久性と安全性が優先される最新航空機のメイン部材の大半に、カーボンファイバーが使用されている事実からも、その信頼性の高さを感じて頂く事が出来るかと思います。
カーボンファイバーは、最新にしていまや主流の軽量強度部材であるがゆえ、
素材クオリティーの安定化、製法の確立と進化が果たされ、この素材を取り巻く環境は、この十数年で劇的な進歩を遂げています。
その様な安心感を目に見える形で表現した、日本仕様のCA5 WHEELSは「JWL」認定品としてリリース、
DYMAGならではの素材形成により「強度」「剛性」「耐久性」ホイールに求められる要素を高次元でバランスさせています。
「耐久性:軽量性能」の両立をテーマに完成度を高めた「DYMAG CA5 WHEELS」いよいよ日本再上陸です。
●カーボンモノコック成型により、高強度、超軽量(アッセンブル前のフロントホイール単体重量:2000g)を両立。製品表面には、耐UVコートを施工。
●国内正規販売品に限り、スポークエンドにJWLマークを表示、完全車検対応を実現。
●高強度は当然のこととし、その製法が可能とする剛性の適正化とカーボン素材の振動吸収性能により、抜群のロードインフォメーションを体感。

■注意点
※全てのホイールは、車両の純正状態を基準にサイジングされております。
※車両仕向け地の違いや、車両コンディションによっては、現車基準での小加工や調整が必要になる場合がございます。
※一部機種においては、ダウンサイジングホイール等の設定がございます。この様な設定のホイールは装着のみでは、適正なハンドリングが得られない、バンク角が不足する等の弊害が発生する場合がございます。車体トータルでのセットアップを必ず実施してください。
※ディスクアタッチメントボルト等の組立には、DYMAGが推奨する「ロックタイト2400」をご使用ください。
※製品のメイン対象車両(70年代車両)の特性(フロント回りに別車種部品を移植していたり、スイングアームを変更している等、車両コンディションに不確定要素が多い)により、適合車種を指定しているにもかかわらず、実際の製品装着に際して、微調整や、加工が必要になる、場合によっては製品自体が適合しない等諸問題が発生する可能性があります。製品設定は、純正ホイールに準じる内容の製品ではありますが、カスタム情報に精通した上級者向けの、カスタムベースホイールとご認識をお願いいたします。
※車種、サイズによっては、車体側の加工、調整、別途部品が必要となる設定の物がございます。
※純正比で、大幅にサイズ変更となる設定の製品がございます。この様な製品を、そのまま車両に取り付けた場合、車両の走行安定性、安全性を損なう場合がございます。
※(CA5 をご注文の場合)CA5 は、軽量化追求の為、製品表面にクリア塗装を施しておりません。通常塗装により施される事が多い紫外線カット処理は、紫外線耐久樹脂を用いてのモールディングにより施されております。製品表面に見られる独特の風合いは、軽量化の追求の証とご認識ください。
※車体姿勢が大きく変動するサイズを選択した場合、車体全体での姿勢構築作業が必要となります。
※選択サイズにより、タイヤの車体接触が発生する場合があります。その際には車体クリアランス調整作業が必要となります。またフロントホイールサイズダウンの場合、メーターギア変更による数値補正が必要となります。

【送料無料】ホイール関連 GSX-R750 DYMAG ダイマグ DCA0320821
価格
263,682円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

学習経験のある方々の入校について

ご自分のレベルに合うクラスがあれば、いつでも入校可能です。

現在開講中の受講生募集について

◎下記のクラスの状況をご覧になり、ご自分に合うクラスがあれば随時入校可能です。
◎各クラスの授業時間はホームページの時間割をご覧ください
◎授業見学は連絡をいただければいつでも可能です。

各クラスの学習進度状況(1月下旬時点)

1 韓国語初級1
初級教科書(国書刊行会・初級)第5課
2 韓国語初級2
初級教科書(国書刊行会・初級)第10課
3 韓国語初級3 (ハングル能力検定5級レベル)
初級教科書(国書刊行会・初級)第13課
4 韓国語中級1(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第2課

5 韓国語中級2(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国刊行会・中級)第7課
6 韓国語中級3(ハングル能力検定4級・3級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第17課
7 韓国語中級4(ハングル能力検定3級レベル)
カナタ学院中級1の第23課
8 韓国語中級5(ハングル能力検定3級級レベル)
カナタ学院中級2の第12課
9 韓国語中級6(ハングル能力検定・準2級レベル)
カナタ学院中級2の第19課
※すべて韓国語で授業します

10 韓国語上級2(ハングル能力検定準2級以上)
カナタ学院上級2の第24課
※すべて韓国語で授業します
※日本人講師と韓国人講師の2人で授業
11 中国語中級
・16時~17時30分
・1月20日(日)から開始
・中検3級レベルのクラスです
・使用教科書「北京駐在日記」(東方書店)
・料金は1回2000円で授業毎にお支払ください。
・講師は中国語人講師です。

12 中国語上級
発展漢語口語高級2第4課
※すべて中国語による授業です
※中国人講師による授業です。

本教室の特色

「鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ」の特色

1 音を大事にします。

・コミュニケーション能力の基本は音です。教科書を見ないで 本文や例文の文章を再現できるよう学習します。

・上記の能力を育成するため、シャドーイング、音読、リピー ティング学習などを使いながら学習します。

・音の変化(濃音化、激音化、鼻音化、流音化、 添加など)の 法則を最初は理論的に学び、その後自動的に対応できるよう学習します。

2 書く力の育成を目指します。

・授業の最初に前回の授業の本文の書きとり小テストを実施 します。

3 表現能力の育成を図ります。

・授業中に教科書の例文ばかりでなく、自分の身の回りのこと や必要な表現を作成しながら表現能力の育成を目指します。

4 復習を大事にします。

・毎回、授業の最初に前回までの学習内容を教科書を使ったり、 副教材を使いながらしっかりと復習します。

5 検定対策に取り組みます。

・授業の中で可能な限り過去問に取り組みながら総合力の強化 を図ります。

6 わかる喜びを感じる授業を目指します。

・授業前のAさんと授業後のAさんは違って帰れるような授業 を目指します。わかる喜びを感じられる授業を目指します。

S