鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ

おしらせ

2019.02.20
4月開講の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.12.25
2019年1月開始の韓国語入門クラスは定員に達しましたので、募集を停止しました。
2018.11.20
Nさんの留学生レポートを掲載しました
2018.11.10
冬学期(2019年1月開始)の学生募集を始めました。
2018.08.23
・9月~)の時間割を発表しました。
2018.07.18
8月12日~8月18日まではお盆休みとなります。
2018.07.17
秋学期の入門コースの募集を始めました
2018.06.02
各クラスの授業進度一覧を表示しました。
2018.04.18
6月開始の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.02.13
中級1は4月でなく3月から第1課の学習が始まります。
2018.02.12
2018年4月1日開始の春学期の学生の募集を開始しました。
2018.02.12
2018年春学期(4月1日開始)の時間割を発表しました
2018.01.18
中国語入門コースの開設が急遽決定しました。
2018.01.18
新学期が始まりました(2018、1、14)
2017.12.27
新学期1月開始の韓国語入門コース(土曜の昼・夜の両方とも)の開講が決定しました。
2017.12.14
12月18日から2018年1月13日までは冬休みです。
2017.11.29
韓国語入門クラスをさらに1クラス設置して募集を開始しました。
2017.11.28
2018年新学期の時間割予定を発表しました。
2017.11.09
新年の新学期の韓国語・中国語の入門クラスの募集を開始しました
2017.07.15
新規クラス(韓国語入門・中国語入門・中国語上級)の申し込み締め切りを8月22日(火)に設定しました。
2017.07.02
DC->ACインバータ 正弦波 Power Tite 未来舎 FI-S1503A-24VDC 1500WATT[正規ルート品][日本語取扱説明書]:ナチュラル スカイ オフグリッド - 62e86ラスを新設しました
2017.06.13
韓国語・中国語講師紹介を更新しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開講)の募集を開始しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開始予定)の時間割案を掲載しました。
2017.05.31
6月1日より駐車場はなくなりましたので、車でお越しの際は近くのレンタル駐車場をご利用ください。
2017.04.03
春学期がはじまりました。(4月5日~8月20日)
2017.02.02
春学期(2017年4月4日開始)の時間割予定を発表しました
2017.01.28
春学期の韓国語・中国語入門クラスの募集を始めました。
2016.10.22
新年度の案内(募集を含む)をアップしました
2016.08.29
遼寧師範大学留学のブログを掲載中です。
2016.06.19
秋学期の受講生の募集を開始しました。
2016.06.19
秋学期の時間割を作成しました。
2016.03.25
新学期の開始を4月1日から4月3日に変更しました。
2016.03.03
春学期の受講生の募集を開始しました
2016.03.03
春学期時間割を発表しました
2015.12.24
ブログで紹介しています。
2015.12.03
冬学期の受講生の募集を開始しました。
2015.08.26
秋学期の受講生の募集を開始しました
2015.07.16
ハングル能力検定準2級合格の体験記を掲載しました
2015.07.13
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.06.27
受講生の声をアップしました。
2015.06.07
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.05.25
中国語コースを整備しました。
2015.05.25
夏学期(7月1日開始)の時間割を作成しました。
2015.04.14
中国語上級(李璐講師担当・中検準1級を目指すクラス)を新設しました
2015.04.05
中国語中級コースの教科書を決めました(中国語実習コース・白水社・張乃方著)。授業は日本人・中国人のティームティーチングで行います。
2015.04.05
韓国語入門(金・2校時)を新設しました。
2015.03.28
中国語中級クラスを日曜日の2校時に新設しました
2015.03.28
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.03.25
・1校時)を新設しました。
2015.03.24
日中通信社と相互リンクします。
2015.02.17
現時点での時間割を決定しました。
2015.02.05
日曜講座(ハングル能力検定3級対策講座・無料)を追加しました。
2015.02.03
ップしました
2015.01.15
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.01.12
中国語入門コースを新設しました
2014.12.21
家族・兄弟・学生割引を設定しました。
2014.12.14
話してみよう韓国語鹿児島大会が開催されました
2014.12.11
検定対策講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.12.11
入門講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.11.30
ブログを始めました
2014.11.23
(日)「話してみよう韓国語鹿児島大会」が鹿児島女子短期大学で開催されます。
2014.11.17
時間割作成を今後します。希望日時があればお知らせください。
2014.11.17
2015年4月から開校予定です
2014.11.17
新規にホームページを作成しました。

2019-08-11
カテゴリトップ>DCACインバータ 正弦波
DC->ACインバータ 正弦波 Power Tite 未来舎 FI-S1503A-24VDC 1500WATT[正規ルート品][日本語取扱説明書]日本の未来舎パワータイトのブランドで安心のサポート付き!

DC 直流 24V -> AC 交流 100V

1500W


正弦波

1500ワット DC-ACインバーター

周波数50Hz/60Hzはフロントパネルのディップ・スイッチで切替

波形歪は商用の電力よりも良好で3%

極めて耐久性の高いソリッド・ステートにより高信頼性

小中型電機ドリル、小型電子レンジ、投光器、電熱器、移動用の営業車両、屋外電気工事に最適

出力変動+/-3%

水晶制御に依る為高安定周波数0.05%

低電圧警報音発生

入力過電圧遮断

過電流警報

過負荷警報

過負荷保護遮断

過温度保護

24V/48Vタイプあり

1500W連続

高信頼な部品により長期間により使用可能

保証書付で保守万全

PL法の製造物責任保険付き

但しナトリウム灯や水銀灯等の起動電流の特に大きな機器に付いてはお尋ねください。

出力AC200V製品有り、お問い合わせください



当店で人気のDCACインバーター

小型軽量で住宅のコンセントと同じ正弦波が使えます!あれこれいつもの家電が安心して使える!

型名FI-S1503A-12VDCFI-S1503A-24VDCFI-S1503A-48VDC
連続出力1500W
出力尖頭値3000W
システム電圧DC 12VDC 24VDC 48V
直流入力範囲DC 10.5V - 16.0VDC 21.0V - 30.0VDC 42.0V - 60.0V
出力電圧AC 100V (AC 200V有り)
出力安定度±3%
出力周波数50/60Hz(DIP SW 切替)
出力歪率THD<3%
出力波形正弦波
入力減電圧遮断10.5V21.0V42.0V
入力減電圧復帰12.5V25.0V50.0V
入力減電圧警報11.0V22.0V44.0V
入力過電圧遮断16.0V30.6V61.2V
入力過電圧復帰15.3V28.4V56.8V
変換効率*89%*92%*93%*
待機電流1.45A0.75A0.4A
節電電流0.28A0.15A0.09A
動作温度-10℃ - +50℃ (40℃以上低減特性)
保存温度-30℃ - +50℃ ( 動作に於いても露結しない事)
冷却方式自動開始冷却FAN(負荷による制御)
寸法 (W x H x D)189x89x370mm
重量 (約)5.0kg

DC 直流 -> AC 交流 に変換。
バッテリー】蓄電池の直流電気を家庭用のコンセントと同じ交流電気に変えます。


○ 用途

乗用車のバッテリーで家電が利用できます。

工具類: 電動鋸、ドリル、グラインダー、サンダー、芝刈り機、コンプレッサー

事務機器: コンピュータ、プリンター、モニター、ファクシミリ、スキャナー

家電器具: 掃除機、扇風機、白熱電球、蛍光灯、シェーバー、ミシン

キッチン用電気器具: 電子レンジ、冷凍冷蔵庫、コーヒーメーカー、ブレンダー、アイスメーカー、トースター

工業用品: メタルハライドランプ、ナトリウム灯

家庭用娯楽機器: テレビ、ビデオ、ゲーム、ステレオ、音響機器、衛生受信装置


ソーラーシステム、キャンピングカーに最適♪
用途を選ばない『正弦波』ですので、様々な場所で多種多様な電気製品が使えます♪

ソーラー発電、風力発電、非常用電源、キャンピングカー、クルーザー・ヨットなどの船、お庭で電気を使う。などなど。

正弦波のインバーターがあれば、テレビ、パソコン、プリンター、掃除機まで安心してご利用いただけます。

擬似波インバーターをお使いの方も、正弦波にすると多くの電気製品が使えますので便利に電化製品を利用出来ます。



インバーターにも、安価な擬似波、高性能な正弦波と御座います。


正弦波のインバーターは、一般的な電気製品全般にご利用いただけますので、テレビ、パソコン、プリンター、掃除機、炊飯器、電子レンジまで安心してご利用いただけます。擬似波に比べますと高価ですが、長い期間多くの種類の電気製品を使えることを考えると1台は欲しい機器です。『正弦波』と『擬似正弦波』では使える電気製品が変わります。

次に大切な点が、容量。定格の消費電力はもちろんですが、電気製品は、スイッチを入れるときなどに定格以上の電力を必要とします。
そのため、その瞬間的な電力を供給できないとうまく稼動しません。その能力が定格の2倍あります。

インバーターをお使いの方はよく分かると思いますが、容量はあっているのに動かない!なんてことになります。

インバーターを選ぶ場合は、定格とサージ能力を確認をして下さいね。

インバーターも、容量と種類により価格は様々です。数千円から数十万円まであります。使うポイント、価格の違いは、何の電気製品を使うかによりかわります。

容量○○ワットの電気製品を使う。

テレビに使うのかパソコンに使うのか電子レンジに使うのか、など電気製品の種類によって変わります。

安価なのは擬似波インバーター。安価ですが使える電気製品の種類に制限があります。

もうひとつは、正弦波インバーター。高価ですがいろいろな電気製品が使えます!
システム電圧24V】1500W(アウトドア、防災、非常用、キャンピングカー、車、船)★
価格
122,000円 (税込131,760 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
営業日1〜3日で出荷予定 *在庫切れを除く
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

学習経験のある方々の入校について

ご自分のレベルに合うクラスがあれば、いつでも入校可能です。

現在開講中の受講生募集について

◎下記のクラスの状況をご覧になり、ご自分に合うクラスがあれば随時入校可能です。
◎各クラスの授業時間はホームページの時間割をご覧ください
◎授業見学は連絡をいただければいつでも可能です。

各クラスの学習進度状況(1月下旬時点)

1 韓国語初級1
初級教科書(国書刊行会・初級)第5課
2 韓国語初級2
初級教科書(国書刊行会・初級)第10課
3 韓国語初級3 (ハングル能力検定5級レベル)
初級教科書(国書刊行会・初級)第13課
4 韓国語中級1(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第2課

5 韓国語中級2(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国刊行会・中級)第7課
6 韓国語中級3(ハングル能力検定4級・3級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第17課
7 韓国語中級4(ハングル能力検定3級レベル)
カナタ学院中級1の第23課
8 韓国語中級5(ハングル能力検定3級級レベル)
カナタ学院中級2の第12課
9 韓国語中級6(ハングル能力検定・準2級レベル)
カナタ学院中級2の第19課
※すべて韓国語で授業します

10 韓国語上級2(ハングル能力検定準2級以上)
カナタ学院上級2の第24課
※すべて韓国語で授業します
※日本人講師と韓国人講師の2人で授業
11 中国語中級
・16時~17時30分
・1月20日(日)から開始
・中検3級レベルのクラスです
・使用教科書「北京駐在日記」(東方書店)
・料金は1回2000円で授業毎にお支払ください。
・講師は中国語人講師です。

12 中国語上級
発展漢語口語高級2第4課
※すべて中国語による授業です
※中国人講師による授業です。

本教室の特色

「鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ」の特色

1 音を大事にします。

・コミュニケーション能力の基本は音です。教科書を見ないで 本文や例文の文章を再現できるよう学習します。

・上記の能力を育成するため、シャドーイング、音読、リピー ティング学習などを使いながら学習します。

・音の変化(濃音化、激音化、鼻音化、流音化、 添加など)の 法則を最初は理論的に学び、その後自動的に対応できるよう学習します。

2 書く力の育成を目指します。

・授業の最初に前回の授業の本文の書きとり小テストを実施 します。

3 表現能力の育成を図ります。

・授業中に教科書の例文ばかりでなく、自分の身の回りのこと や必要な表現を作成しながら表現能力の育成を目指します。

4 復習を大事にします。

・毎回、授業の最初に前回までの学習内容を教科書を使ったり、 副教材を使いながらしっかりと復習します。

5 検定対策に取り組みます。

・授業の中で可能な限り過去問に取り組みながら総合力の強化 を図ります。

6 わかる喜びを感じる授業を目指します。

・授業前のAさんと授業後のAさんは違って帰れるような授業 を目指します。わかる喜びを感じられる授業を目指します。

S