鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ

おしらせ

2019.02.20
4月開講の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.12.25
2019年1月開始の韓国語入門クラスは定員に達しましたので、募集を停止しました。
2018.11.20
Nさんの留学生レポートを掲載しました
2018.11.10
冬学期(2019年1月開始)の学生募集を始めました。
2018.08.23
・9月~)の時間割を発表しました。
2018.07.18
8月12日~8月18日まではお盆休みとなります。
2018.07.17
秋学期の入門コースの募集を始めました
2018.06.02
各クラスの授業進度一覧を表示しました。
2018.04.18
6月開始の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.02.13
中級1は4月でなく3月から第1課の学習が始まります。
2018.02.12
2018年4月1日開始の春学期の学生の募集を開始しました。
2018.02.12
2018年春学期(4月1日開始)の時間割を発表しました
2018.01.18
中国語入門コースの開設が急遽決定しました。
2018.01.18
新学期が始まりました(2018、1、14)
2017.12.27
新学期1月開始の韓国語入門コース(土曜の昼・夜の両方とも)の開講が決定しました。
2017.12.14
12月18日から2018年1月13日までは冬休みです。
2017.11.29
韓国語入門クラスをさらに1クラス設置して募集を開始しました。
2017.11.28
2018年新学期の時間割予定を発表しました。
2017.11.09
新年の新学期の韓国語・中国語の入門クラスの募集を開始しました
2017.07.15
新規クラス(韓国語入門・中国語入門・中国語上級)の申し込み締め切りを8月22日(火)に設定しました。
2017.07.02
ELAC VELA FS407 ブラック・ハイグロス エラック スピーカーシステム ペア:オーディオユニオン - 741c6ラスを新設しました
2017.06.13
韓国語・中国語講師紹介を更新しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開講)の募集を開始しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開始予定)の時間割案を掲載しました。
2017.05.31
6月1日より駐車場はなくなりましたので、車でお越しの際は近くのレンタル駐車場をご利用ください。
2017.04.03
春学期がはじまりました。(4月5日~8月20日)
2017.02.02
春学期(2017年4月4日開始)の時間割予定を発表しました
2017.01.28
春学期の韓国語・中国語入門クラスの募集を始めました。
2016.10.22
新年度の案内(募集を含む)をアップしました
2016.08.29
遼寧師範大学留学のブログを掲載中です。
2016.06.19
秋学期の受講生の募集を開始しました。
2016.06.19
秋学期の時間割を作成しました。
2016.03.25
新学期の開始を4月1日から4月3日に変更しました。
2016.03.03
春学期の受講生の募集を開始しました
2016.03.03
春学期時間割を発表しました
2015.12.24
ブログで紹介しています。
2015.12.03
冬学期の受講生の募集を開始しました。
2015.08.26
秋学期の受講生の募集を開始しました
2015.07.16
ハングル能力検定準2級合格の体験記を掲載しました
2015.07.13
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.06.27
受講生の声をアップしました。
2015.06.07
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.05.25
中国語コースを整備しました。
2015.05.25
夏学期(7月1日開始)の時間割を作成しました。
2015.04.14
中国語上級(李璐講師担当・中検準1級を目指すクラス)を新設しました
2015.04.05
中国語中級コースの教科書を決めました(中国語実習コース・白水社・張乃方著)。授業は日本人・中国人のティームティーチングで行います。
2015.04.05
韓国語入門(金・2校時)を新設しました。
2015.03.28
中国語中級クラスを日曜日の2校時に新設しました
2015.03.28
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.03.25
・1校時)を新設しました。
2015.03.24
日中通信社と相互リンクします。
2015.02.17
現時点での時間割を決定しました。
2015.02.05
日曜講座(ハングル能力検定3級対策講座・無料)を追加しました。
2015.02.03
ップしました
2015.01.15
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.01.12
中国語入門コースを新設しました
2014.12.21
家族・兄弟・学生割引を設定しました。
2014.12.14
話してみよう韓国語鹿児島大会が開催されました
2014.12.11
検定対策講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.12.11
入門講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.11.30
ブログを始めました
2014.11.23
(日)「話してみよう韓国語鹿児島大会」が鹿児島女子短期大学で開催されます。
2014.11.17
時間割作成を今後します。希望日時があればお知らせください。
2014.11.17
2015年4月から開校予定です
2014.11.17
新規にホームページを作成しました。

2019-08-03
カテゴリトップ>スピーカーシステム
ELAC VELA FS407 ブラック・ハイグロス エラック スピーカーシステム ペアELAC 400 LINE 待望のモデル・チェンジです。

VELA 400 は一新されたビジュアル・デザインと共に、先進のドライバー・ユニットのポテンシャルを引き出すきめ細かな改良が施されています。

そのサウンド・クオリティに直結した効果的なエンジニアリングは、新たな領域に達した先進のパフォーマンスが証明しています。

音のみならず第一級の工業製品としての品格を備えた新しい VELA。

新世代 ELAC がいよいよ発動です。

エンクロージュア

VELA 400 シリーズ最大の進化がここにあります。

優雅なデザインと美しい仕上げが施 された VELA 400 シリーズのキャビネットは、その強化のために詳細に研究が行われました。

フロント・バッフルをスラントさせ時間軸の整合をはかったエンクロージュアは、成型されたアルミ・ダイキャストの堅牢なベース部にマウントされています。

5つの部屋に仕切られた内部(VELA FS 407)は、低在波の発生を防ぐため平行した面を持たず、下方2つの部屋には風切り音を起こさないグラスファイバー製デュアル・フレアポートが装着されています。

強力なエネルギーで振動音を発することのないようトップ・プレートとターミナル・ プレートはアルミで成型され、ダウン・ファイヤリングのバスレフ・ポートはセッティングの自由度を高めています。

JET V トィーター

ドイツのキールにある ELAC の本社工場で今もハンドメイド生産される JET V は、ELAC ブランドのアイデンティティとも言えるベンディング・ウェーブ方式のトィー ターです。

25mm 径ドーム型トィーターの10倍の面積を持つ JET トィーター最大のメリットは、その高いパワー・ハンドリングにあります。

VELA シリーズはこの JET Vに新たにデザインされたウェーブ・ガイドを装着し理想的な放射特性を得ています。

VELA シリーズは従来モデルよりクロスオーバー周波数を下げ JET V の再生周波数帯域を広げています。

150mmAS-XR ウーハー

共にクルトミューラーから供給を受けるペーパー・コーンにアルミニウム・コーンを 重ねた振動板は軽量で内部損失に優れ、クリスタル・ラインと呼ばれる幾何学模様のパターンはその強度を10倍に高めています。

VELA シリーズに採用された 150mmAS- XR(アルミ・サンドウィッチ)ウーハーはエッジであるラバー・サラウンドを拡大し、定評あるロングストローク・モーションのレスポンスを高めパワー・ハンドリング性 能を向上させています。

ネットワーク

磁気歪みを排した大型空芯コイルを装着したウーハー専用基板と、高品位パーツで構成されたトィーター専用基板はそれぞれの干渉を防ぐためセパレート構成されています。

VELA シリーズのネットワークは、ウーハーからの逆起電力をキャンセルするバイワイヤリング接続に対応しています。

VELA FS407 のウーハーはスタガー接続の2.5ウェイ構成となっており、上部のウーハーのカット周波数が 2,400Hz 下部のウーハーは 450Hzに設定されています。

製品名 : VELA FS407

カテゴリー : フロアスタンディング・スピーカー

サイズ(H×W×D): 1000 x 229 x 266 mm

重量 : 19,1 kg

形式 : 2.5 ウェイ・バスレフ

ウーハー : 2 x 150 mm AS XR コーン

ツイーター : JET 5

クロスオーバー周波数 : 450 | 2400 Hz

周波数特性 : 30 ~ 50000 Hz

能率 : 88 dB at 2,83 V/m

推奨アンプパワー : 40 ~ 300 W/channel

定格入力 | 最大入力 : 130 W | 170 W

インピーダンス | 最低保証インピーダンス : 4 Ω | 3,5 Ω at 200 Hz

仕上げ : ブラック・ハイグロス、ホワイト・ハイグロス、ウォルナット・ハイグロス

ELAC関連製品はこちらから

メーカー(代理店)からのお取り寄せ商品でございます。納期については最短でお調べしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。納品についても最短時間を心がけておりますがお時間を頂戴する場合もございます。メーカー(代理店)にて品切れの場合もございますが、その場合は次回入荷迄お待ちいただく事になります。30万円以上の商品、お買い物合計金額が2万円以下の場合は代金引換のご利用は頂けません。掲載画像はシリーズの代表画像を参考として掲載する場合がございます。必ずしも商品名と一致しない場合がございます。予めご了承下さい。オーディオユニオンが出品している新品の商品は正規品未開封のものです。展示機の場合はその都度表記しております。消耗品や故障についてもお気軽にお問い合わせ下さい。海外発送は行っておりません。送料無料!!(代引不可)

価格
602,316円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1-7日で配達可 (メーカー在庫有の場合)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

学習経験のある方々の入校について

ご自分のレベルに合うクラスがあれば、いつでも入校可能です。

現在開講中の受講生募集について

◎下記のクラスの状況をご覧になり、ご自分に合うクラスがあれば随時入校可能です。
◎各クラスの授業時間はホームページの時間割をご覧ください
◎授業見学は連絡をいただければいつでも可能です。

各クラスの学習進度状況(1月下旬時点)

1 韓国語初級1
初級教科書(国書刊行会・初級)第5課
2 韓国語初級2
初級教科書(国書刊行会・初級)第10課
3 韓国語初級3 (ハングル能力検定5級レベル)
初級教科書(国書刊行会・初級)第13課
4 韓国語中級1(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第2課

5 韓国語中級2(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国刊行会・中級)第7課
6 韓国語中級3(ハングル能力検定4級・3級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第17課
7 韓国語中級4(ハングル能力検定3級レベル)
カナタ学院中級1の第23課
8 韓国語中級5(ハングル能力検定3級級レベル)
カナタ学院中級2の第12課
9 韓国語中級6(ハングル能力検定・準2級レベル)
カナタ学院中級2の第19課
※すべて韓国語で授業します

10 韓国語上級2(ハングル能力検定準2級以上)
カナタ学院上級2の第24課
※すべて韓国語で授業します
※日本人講師と韓国人講師の2人で授業
11 中国語中級
・16時~17時30分
・1月20日(日)から開始
・中検3級レベルのクラスです
・使用教科書「北京駐在日記」(東方書店)
・料金は1回2000円で授業毎にお支払ください。
・講師は中国語人講師です。

12 中国語上級
発展漢語口語高級2第4課
※すべて中国語による授業です
※中国人講師による授業です。

本教室の特色

「鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ」の特色

1 音を大事にします。

・コミュニケーション能力の基本は音です。教科書を見ないで 本文や例文の文章を再現できるよう学習します。

・上記の能力を育成するため、シャドーイング、音読、リピー ティング学習などを使いながら学習します。

・音の変化(濃音化、激音化、鼻音化、流音化、 添加など)の 法則を最初は理論的に学び、その後自動的に対応できるよう学習します。

2 書く力の育成を目指します。

・授業の最初に前回の授業の本文の書きとり小テストを実施 します。

3 表現能力の育成を図ります。

・授業中に教科書の例文ばかりでなく、自分の身の回りのこと や必要な表現を作成しながら表現能力の育成を目指します。

4 復習を大事にします。

・毎回、授業の最初に前回までの学習内容を教科書を使ったり、 副教材を使いながらしっかりと復習します。

5 検定対策に取り組みます。

・授業の中で可能な限り過去問に取り組みながら総合力の強化 を図ります。

6 わかる喜びを感じる授業を目指します。

・授業前のAさんと授業後のAさんは違って帰れるような授業 を目指します。わかる喜びを感じられる授業を目指します。

S