鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ

おしらせ

2019.02.20
4月開講の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.12.25
2019年1月開始の韓国語入門クラスは定員に達しましたので、募集を停止しました。
2018.11.20
Nさんの留学生レポートを掲載しました
2018.11.10
冬学期(2019年1月開始)の学生募集を始めました。
2018.08.23
・9月~)の時間割を発表しました。
2018.07.18
8月12日~8月18日まではお盆休みとなります。
2018.07.17
秋学期の入門コースの募集を始めました
2018.06.02
各クラスの授業進度一覧を表示しました。
2018.04.18
6月開始の韓国語入門クラスの募集を開始しました。
2018.02.13
中級1は4月でなく3月から第1課の学習が始まります。
2018.02.12
2018年4月1日開始の春学期の学生の募集を開始しました。
2018.02.12
2018年春学期(4月1日開始)の時間割を発表しました
2018.01.18
中国語入門コースの開設が急遽決定しました。
2018.01.18
新学期が始まりました(2018、1、14)
2017.12.27
新学期1月開始の韓国語入門コース(土曜の昼・夜の両方とも)の開講が決定しました。
2017.12.14
12月18日から2018年1月13日までは冬休みです。
2017.11.29
韓国語入門クラスをさらに1クラス設置して募集を開始しました。
2017.11.28
2018年新学期の時間割予定を発表しました。
2017.11.09
新年の新学期の韓国語・中国語の入門クラスの募集を開始しました
2017.07.15
新規クラス(韓国語入門・中国語入門・中国語上級)の申し込み締め切りを8月22日(火)に設定しました。
2017.07.02
Suhr Guitars(サー・ギターズ)Modern Plus HSH Chili Pepper Red(Pau Ferro Fingerboard):STARROW ONLINE STORE - a9486ラスを新設しました
2017.06.13
韓国語・中国語講師紹介を更新しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開講)の募集を開始しました。
2017.06.05
秋学期(2017年8月29日開始予定)の時間割案を掲載しました。
2017.05.31
6月1日より駐車場はなくなりましたので、車でお越しの際は近くのレンタル駐車場をご利用ください。
2017.04.03
春学期がはじまりました。(4月5日~8月20日)
2017.02.02
春学期(2017年4月4日開始)の時間割予定を発表しました
2017.01.28
春学期の韓国語・中国語入門クラスの募集を始めました。
2016.10.22
新年度の案内(募集を含む)をアップしました
2016.08.29
遼寧師範大学留学のブログを掲載中です。
2016.06.19
秋学期の受講生の募集を開始しました。
2016.06.19
秋学期の時間割を作成しました。
2016.03.25
新学期の開始を4月1日から4月3日に変更しました。
2016.03.03
春学期の受講生の募集を開始しました
2016.03.03
春学期時間割を発表しました
2015.12.24
ブログで紹介しています。
2015.12.03
冬学期の受講生の募集を開始しました。
2015.08.26
秋学期の受講生の募集を開始しました
2015.07.16
ハングル能力検定準2級合格の体験記を掲載しました
2015.07.13
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.06.27
受講生の声をアップしました。
2015.06.07
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.05.25
中国語コースを整備しました。
2015.05.25
夏学期(7月1日開始)の時間割を作成しました。
2015.04.14
中国語上級(李璐講師担当・中検準1級を目指すクラス)を新設しました
2015.04.05
中国語中級コースの教科書を決めました(中国語実習コース・白水社・張乃方著)。授業は日本人・中国人のティームティーチングで行います。
2015.04.05
韓国語入門(金・2校時)を新設しました。
2015.03.28
中国語中級クラスを日曜日の2校時に新設しました
2015.03.28
新しい講師(中国語)が加わりました
2015.03.25
・1校時)を新設しました。
2015.03.24
日中通信社と相互リンクします。
2015.02.17
現時点での時間割を決定しました。
2015.02.05
日曜講座(ハングル能力検定3級対策講座・無料)を追加しました。
2015.02.03
ップしました
2015.01.15
新しい講師(韓国語)が加わりました
2015.01.12
中国語入門コースを新設しました
2014.12.21
家族・兄弟・学生割引を設定しました。
2014.12.14
話してみよう韓国語鹿児島大会が開催されました
2014.12.11
検定対策講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.12.11
入門講座(2・3月無料講座)を計画しました
2014.11.30
ブログを始めました
2014.11.23
(日)「話してみよう韓国語鹿児島大会」が鹿児島女子短期大学で開催されます。
2014.11.17
時間割作成を今後します。希望日時があればお知らせください。
2014.11.17
2015年4月から開校予定です
2014.11.17
新規にホームページを作成しました。

2019-10-03
カテゴリトップ>Electric Guitar>Suhr>Modern
Suhr Guitars(サー・ギターズ)Modern Plus HSH Chili Pepper Red(Pau Ferro Fingerboard)
Description

Fender社の元マスタービルダーとして数多くの名器を造り上げて来た「John Suhr」。そんな彼が1997年に自身の納得できるハイクオリティ・ギターを造り上げるために立ち上げたブランド「Suhr Guitars」です。ギターの最高峰を目指し、完璧なトーンを追及するなどFenderというブランドを知り尽くした彼ならではの製作技術の高さを肌で感じることの出来るハイブランドです。

カスタム・シリーズと同様にカリフォルニア州レイク・エルシノアにあるファクトリー内で生産されるプロ・シリーズ。そんな統一されたスペックを実現しながらもカスタム・シリーズに匹敵する人気モデル「Modern Pro」をアップグレードした2018年ニューモデル「Modern Plus」のご紹介です。トップに極上のフレイム・メイプルをセレクトし、バックにはウエイト・バランスが良くフラットな音域特性を持つバスウッド、ネックには硬めでクリアかつ歯切れの良いローステッド・メイプル、24フレット仕様の指板にはローズウッドよりも硬質で粒立ちの良いパーフェローを採用。ローステッド・メイプルは無酸素の状態で木材を加熱(200℃程度)することで、水分を飛ばし安定した材に仕上げた木材で、ネック反りなどに強く抜群のコンディションを保ちます。またネックシェイプはテクニカルなプレイヤーに最適な「Modern Elliptical」を採用し、違和感のない握り心地の良さが得られ、バッキングからソロフレーズまでストレスフリーで演奏を実現し、ローポジションからハイポジションにかけて曲面が徐々に緩やかになるコンパウンド指板、滑らかなフィンガリング&速く正確なプレイを可能にするジャンボ・フレット、フレットの素材はステンレス製ですので音抜けをアップしながらもフレットの摩耗を最小限に抑えるなどプレイヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

ピックアップ・システムにはHSHレイアウトでSuhrが自社開発した「SSV」「V60LP」「SSH+」の組み合わせを搭載。ブリッジ・ポジションの「SSH+」からは高音域から低音域まで非常にバランスの取れたサウンドでハイゲインでも音の分離が良く、パワー感のあるヌケの良いサウンドが印象的で、「V60LP」からはまさに60年代シングルコイル・サウンドを忠実に再現したピックアップで、当時と同じマグネットを使用し、響きの豊かな明瞭な高音域とパンチの効いた中音域、迫力のある低音域まで対応、「SSV」からは明るめで煌びやかなサウンド・キャラクターを持ちつつもレンジが広く埋もれないサウンドが特徴的です。さらにトーン部にはプッシュ】プッシュ方式でコイルタップも搭載し、多彩なサウンドメイキングを実現。ペグにはSuhrオリジナルのロック式チューナーを搭載しスピーディーな弦交換をお約束いたします。ブリッジにはゴトー製の2点支持止めトレモロ・ブリッジ「510」を搭載することにより、アーミングによるチューニングの狂いを最小限に軽減し、豊かな生鳴り感を活かしてくれるのも嬉しい点です。Suhrらしい立ち上がりの良さ・レスポンスの速い扱いやすい設計はまさにプロ仕様のクオリティ。ハイゲインなセッティングでもきちんと芯が残るなど、ソロやリードプレイを好むプレイヤーに最適なサウンドを奏でてくれ、もちろんバッキングやリフなどにも即戦力になる頼もしいモデルとなっております。巨匠ジョン・サーの拘りが存分に堪能でき、優れたパフォーマンスを発揮する「Modern Plus」です。


Specification

Body Shape: Modern
Body Wood: Basswood
Body Top Wood: Flame Maple
Binding: Scraped
Neck Wood: Roasted Maple
Fingerboard Wood: Pau Ferro
Neck Back Shape: Modern Elliptical .800"-.850"
Fingerboard Radius: 10"-14" Compound
Frets: Jumbo Stainless Steel (.057"x.110")
Nut: 1.650" Tusq
Bridge Pickup: SSH+ (Black)
Middle Pickup: V60LP (Black)
Neck Pickup: SSV (Black)
Push/Pull Tone:H-S-H Model: Split Both Humbuckers
Tuning Machines: Suhr Locking
Bridge: Gotoh 510 - Steel Block
Color: Chrome
Case: Deluxe Gig Bag



※画像はサンプルです。商品の特性上、木目・色合いは1本1本異なりますの予めご了承ください。木目・色合いが気になる方はお問い合わせ下さい。
価格
488,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
10日~2週間以内に発送
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

学習経験のある方々の入校について

ご自分のレベルに合うクラスがあれば、いつでも入校可能です。

現在開講中の受講生募集について

◎下記のクラスの状況をご覧になり、ご自分に合うクラスがあれば随時入校可能です。
◎各クラスの授業時間はホームページの時間割をご覧ください
◎授業見学は連絡をいただければいつでも可能です。

各クラスの学習進度状況(1月下旬時点)

1 韓国語初級1
初級教科書(国書刊行会・初級)第5課
2 韓国語初級2
初級教科書(国書刊行会・初級)第10課
3 韓国語初級3 (ハングル能力検定5級レベル)
初級教科書(国書刊行会・初級)第13課
4 韓国語中級1(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第2課

5 韓国語中級2(ハングル能力検定4級レベル)
中級教科書(国刊行会・中級)第7課
6 韓国語中級3(ハングル能力検定4級・3級レベル)
中級教科書(国書刊行会・中級)第17課
7 韓国語中級4(ハングル能力検定3級レベル)
カナタ学院中級1の第23課
8 韓国語中級5(ハングル能力検定3級級レベル)
カナタ学院中級2の第12課
9 韓国語中級6(ハングル能力検定・準2級レベル)
カナタ学院中級2の第19課
※すべて韓国語で授業します

10 韓国語上級2(ハングル能力検定準2級以上)
カナタ学院上級2の第24課
※すべて韓国語で授業します
※日本人講師と韓国人講師の2人で授業
11 中国語中級
・16時~17時30分
・1月20日(日)から開始
・中検3級レベルのクラスです
・使用教科書「北京駐在日記」(東方書店)
・料金は1回2000円で授業毎にお支払ください。
・講師は中国語人講師です。

12 中国語上級
発展漢語口語高級2第4課
※すべて中国語による授業です
※中国人講師による授業です。

本教室の特色

「鹿児島韓国語教室アンニョンクラブ」の特色

1 音を大事にします。

・コミュニケーション能力の基本は音です。教科書を見ないで 本文や例文の文章を再現できるよう学習します。

・上記の能力を育成するため、シャドーイング、音読、リピー ティング学習などを使いながら学習します。

・音の変化(濃音化、激音化、鼻音化、流音化、 添加など)の 法則を最初は理論的に学び、その後自動的に対応できるよう学習します。

2 書く力の育成を目指します。

・授業の最初に前回の授業の本文の書きとり小テストを実施 します。

3 表現能力の育成を図ります。

・授業中に教科書の例文ばかりでなく、自分の身の回りのこと や必要な表現を作成しながら表現能力の育成を目指します。

4 復習を大事にします。

・毎回、授業の最初に前回までの学習内容を教科書を使ったり、 副教材を使いながらしっかりと復習します。

5 検定対策に取り組みます。

・授業の中で可能な限り過去問に取り組みながら総合力の強化 を図ります。

6 わかる喜びを感じる授業を目指します。

・授業前のAさんと授業後のAさんは違って帰れるような授業 を目指します。わかる喜びを感じられる授業を目指します。

S